読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しがない会社員 ROYのナンパ ハンター試験の挑戦

ナンパハンターとは、ロリ・モデル・美女・メンヘラ・外人・幻獣など、稀少な事物を追求することに生涯をかける人々の総称。プロのナンパハンターの資格を得るには、数百万分の一の難関と言われる即スト・準即・準々即を保ち、セフレ7人、月1回の新旧交代をしなければいけない。ガンシカが生じてもクールに対応する鋼の精神と、屈強な体力、みなぎる精力を保たなければいけない。そんなハンターになるまでの私の挑戦である。

#DAY3 ○ケモンゲット!・・・・ならず

6月中旬から忙しくなり、しばらく忙しかったりで時間が空いてしまいました。

 

SALT氏「○ケモンGOをスマホに入れてください。これはかなりイケますよ!」
と、○ケモンGOリリース直後にメッセージが入りました。
SALT氏が言うには、○ケモンをやっている女の子に声をかけて話を盛り上げて、「モンスターボールがないけどかわいい○ケモンを見つけたからLINEを教えて!」という感じで次々GETしていたようです。
・・・が、残念なことに自分のスマホ(WindowsPhone)もタブレットKindle)も○ケモンがないんです。
数日に渡って夜中に3、4時間ほど格闘の末、Kindleに無理矢理インストールしたものの、最初の○ケモンを選ぶところでモンスターボールを投げさせてくれず、ここから進まないのであえなく断念。

 

⇒成果
 SALT氏、リアル○ケモンたくさん。
 自分、Kindleでは○ケモンは1匹もゲットできないという事実。

 

というやり取りはあったのですが、なかなか次の活動が実施できず、7月お終わり平日夜に、ようやく梅田に行くことができました。

 

●待ち合わせをしている女の子
 食事を終えてバーを探している途中に女の子をコンビニ前にいたのですが、バーが見
 つからず、元来た道を戻るとまださっきの女の子がいました。
 というわけで、声をかけてみる。
 自分「こんばんわ。今いいですか?」
 ・・あれ?なぜかこれまでと全然違ってためも何もなく普通に話が出きる!
 女の子も笑顔で反応がいい。
 自分「友達と遊びに来てるんだけど、もしよかったら、これから一緒にバーにでも
    いきませんか?」
 女の子「ああ、でも友達と待ち合わせなんですよ」
 自分「そうですか。残念じゃあまた今度」

 

⇒成果
 ちょっと地蔵が解消されて初対面の人に話ができた!よかったよかった。

          f:id:roystiffness:20160806152728j:plain

 SALT氏「なんで帰ってくるんですか。反応も良かったし、ああいう時は友達も
      女の人か聞かないと。あの様子だと待ち合わせも女ですって。応用
      を聞かせましょうよ」

 

 ・・・確かに。相手の様子もみて会話を楽しむように心がけないと。

 

●たばこのおねーさん
 さっきの勢いを忘れないうちに、次に。
 お店がたくさん並んでいる通りから入った自動販売機前の花壇で、
 おねーさんが一人でスマホをいじりながら煙草を吸ってたのを見つける。
 SALT氏が行ってください。と促したので行ってみようとするが・・・
 なんか足組んでるし真剣な感じで煙草を吸いながらスマホを見ている。

 ぷらっと通り過ぎてUターン。

 

 SALT「何やってるんですか?」

 

 はい、まだ取れてないようです・・・なんか怖かったですし。

         f:id:roystiffness:20160703153957j:plain

  一応固まってはいなかったですが(言い訳)

 

●ベンチに座ってた女の子
  大阪駅の近くのベンチに座っている子。SALT氏の指示で近づいて座り、
  電話を掛けるからそれを合図に声を掛けてください。
  ということでイヤホンをしてスマホをいじっている女の子に声をかけた。
  自分「すいません、今時間ありますか?」
  相手は返事をしてくれた。びっくりしているけどすごい照れたように
  笑って、戸惑っているけど拒絶はしていない。
  自分「今、友達と待ち合わせをしていてるんですけど、よかったら
     一緒に軽くバーにでも行きませんか?」
  女の子「いえ、友達と待ち合わせてるんで」
  自分「友達?女の友達?1人?こっちも友達1人だですよ?近くのバー
     とかカフェで軽く飲んで話ができたらいいなぁと思って」

  SALT氏のさっきの助言が活きてきている!結構長引く。

  女の子「いやいや、もう10時前ですし、今日はちょっと」
  と言っているけどニコニコしている。
  自分「そうなんだ。じゃあいつならいける?仕事は何してるの?」
  みたいな感じで、仕事や友達の事、住んでいる地域などを聞く事が
  出来た。その間、前にSALT氏に女の子の腕に猫がじゃれつくように
  触ってみたりする。こっちもしゃべってる間に楽しくなって
  ニコニコしてくる。
  自分「じゃあ、来週だったらご飯食べに行ける?じゃあLINE教えてよ」
  という訳で初LINEゲット!強引に握手をして別れた。

⇒成果
 1LINEゲット! 
 その日のうちによろしくお願いします。とメッセージが入ったけど、
 翌日からは無反応。一晩たったら冷めちゃったのかな?

 クロージングって大事ですね。 ・・・・惜しい。

 


●階段の二人連れの女の子
 場所を移動して、広場近くの階段。結構人が多い。
 そこで女の子二人連れを発見。SALT氏のアドバイスで階段の下から
 近づいて声をかける。
 自分「こんばんわ、今日は二人で来てるんですか?」
 女の子たちはびっくりして警戒した感じで返事をする。
 自分「友達と来てるんだけど、よかったら近くで話をしませんか?」
 女の子「いえ、自分たち未成年なんで飲めないんです」
 自分「そうなの?でも好きは好きなんだよね?」
 女の子「いやー。遠慮しときます」
 警戒されてるし未成年だし、であきらめる。

 

⇒成果。なし
 でも、SALT氏のアドバイスで、下から近づいて威圧的にしない
 っていうのはいいかも。逆に上から声をかけて包み込む?というのも
 聞いたことありますが、ここは自分のキャラと相手のタイプを
 見てだろうか?
 あと、すぐ近くにオープンカフェがあってアイスクリームやジュース
 が売っているのを見つけた。
 周辺を偵察して、選べるお店やメニューを増やしたほうがいいですね。

 

●○ケモンの女の子達
 1人目。広場の端っこでしゃがんでスマホをのぞき込んでいる女の子。
 声をかけてみる。だけど、必死でモンスターを追いかけていて
 話しどころじゃないようだ。なんかサクラが散っているっぽい
 (よくわかりませんが、桜が散っているときは特別らしいです)
 ちょこちょこ反応してくれるけど、それどころじゃないって感じ。
 落ち着いてできるところに移動しましょうってのも駄目みたい。


 2人目。声をかけた瞬間、無言で立ち去る。
 見事です。見事なガン無視です。

 

 3人目。ものすごい不機嫌にいわれる。彼氏と待ち合わせてるんで。
 って感じで「消・え・ろ」オーラを出しまくっていて撃退される。


⇒成果。ゲットならず。
 ちなみに・・・○ケモンの世界では○ケモンハンターというのは悪いやつ
 らしいです。

 

本日の成果
 1LINEゲット
 それ以上にうまく話ができつつあるという実感が得られました。
 割とすんなりいってるように書きましたが、実は失敗している女の子に
 話をしようとする時ほど、最初は固まってます。
 なんか話をする前からオーラみたいなのがあるんでしょうか?

 

梅田本

梅田本