しがない会社員 ROYのナンパ ハンター試験の挑戦

ナンパハンターとは、ロリ・モデル・美女・メンヘラ・外人・幻獣など、稀少な事物を追求することに生涯をかける人々の総称。プロのナンパハンターの資格を得るには、数百万分の一の難関と言われる即スト・準即・準々即を保ち、セフレ7人、月1回の新旧交代をしなければいけない。ガンシカが生じてもクールに対応する鋼の精神と、屈強な体力、みなぎる精力を保たなければいけない。そんなハンターになるまでの私の挑戦である。

#DAY4 ミナミのお散歩

SALT氏から土曜日の夜、22:30からミナミのクラブに行こうという連絡が入る。
今日は他県から来た人1名も加わり、遊びに行くことになった。

 

クラブまで移動がてら、ストのお手本!?を見せるということに。

 

●パンツみえ子
 まずはお店の前の階段に座り込んで○ケモンをやっている2人連れ。
 ガン無視です。以上終了。

 

●南へ帰る女の子
 通りを歩いている女の子に声をかけてみる。
 自分「すいません、よかったら一緒にバーでも行きませんか?」
 女の子「家に帰るの。」
 自分「家どこ?近く」
 女の子「南の方」

 えぇー!あなた、今北に向かって歩いてますよ!

 それを突っ込むと、女の子は自分が言っていることがおかしい事に気が付き、
 笑ったけど歩みは止めず。女の子も前に出て手で両手で肩を軽く押さえ足りして
 交渉してみたけど、結局帰っちゃいました。


⇒成果
 なし。でも漫才は楽しめました。

 

●アジアの留学生の女の子
  後ろ姿がすらっとした黒髪の女の子発見。声をかけてみる。
  自分「こんばんわ。友達といるんですけど、これからバーにでも
   行きませんか?」
  女の子「いえ、帰ります。」

  あれ?ここでこの子日本人じゃないことに気が付く。
  自分「留学生の子?」
  女の子「はい。ベトナムです」
  自分「お酒は飲めるの?」
  女の子「いえ、自分は19なので飲めません」
  自分「でも、ベトナムはOKでしょう」
  女の子「でも、お父さんとお母さんにダメって言われてます」

  なかなかガード固いです。というかバーとかで遊びはしない子のようです。
  困った顔をしてるし、明日もバイトがあるので、ということだったので
  挨拶して離れる。

 

⇒成果。なし。

 

あともう少し頑張ってみましたが、ガン無視だったので成果です。
クラブへ移動することにしました。

 

       が、ここで問題発生。

 

今日遊びに来た人が半パンのため、クラブに入れないということが発覚。
SALT氏「すいません、彼着替えも半パンなので、せっかく県外から来たのに申し訳
    ないからズボン交換してあげてください。1時間で出てきますので」

 

え?自分もこのために夜に来たんですが・・・と思いつつも仕方がないので
ズボンを交換することに。
で店に入ろうとしたのですが、戻ってくる。え?サンダル履きなの?これも交換!?

 

というわけで、1人でぶらつく羽目になった。

女の子は数人で固まってこれからクラブに入るところだったり、一人だと思って声をかけたら、ツレがいたり(相手が離れていたことと、ナンパするような声かけでをしてなかったのでよかたですが)で成果でず。
1時間などとっくに過ぎ、3時間過ぎてもSALT氏は連絡にも応じない。
お腹も空いていたので、クラブの近くから離れて何か食べられるバーを探しにうろつく。で難波から、日本橋のほうをお店の偵察もかねてぐるっと回る。

 

4時半過ぎだっただろうか?ようやくSALT氏から連絡が入る。ようやくクラブから出てきたところらしい。SALT氏は接吻ゲット、もう一人はイチャイチャしてたけど、接吻ならずということだそうでした。
自分は日本橋の近くだったので、難波の高島屋で落ち合うことに。

 

てくてく高島屋方面に歩いていく途中、交差点でガッシャーン!キキキー!という大きな音がしたので、びっくりしてそちらを見る。

車とクロスバイクの自転車の接触事故らしい。といっても自転車は4車線のど真ん中で、車の横からぶつかて横転したみたい。(自転車が大通りを斜めに横切ろうとしたところをらしい。

  

   f:id:roystiffness:20160807135933p:plain

   (実際は自転車が車の進行方向と同じ方向に、車の横にぶつかっています)


運転手も気が動転して、他の人は動きが鈍かったので警察に電話する。結果そこで足止め。そのことをSALT氏に連絡する。
SALT氏「ROYさん、何いい人やってるんですか?じゃあそっちに行きます」
ということで、しばらくたってSALT氏、もう一人と合流。
3人で今日の成果の情報交換と情報確認をする。まだ救急車とパトカーが来たところで、動けない。

 

SALT氏「ここに来る途中、1つ先の交差点のコンビニに女の子が1人座ってましたが
     行っときますか?」

警察の確認がまだだし、気分もなえていたので遠慮してみる。
そして3人でしばらく待つ。なかなか警察が話を聞きに来ないので1人で警察に帰っていいか聞きに行く。しばらく待っていると自分の連絡先を聞かれて終了。
結局、事故といっても自転車が車の横からぶつかりに行った感じだで、肘を擦りむいただけらしい。痛いところもなく、単にぶつかった後ごねて寝転がっていただけっぽい。
救急車もそのまま帰って行った。
クロスバイク乗ってるんだから交通ルールぐらい覚えておかないとなぁ。・・・と自転車乗ってた人の態度の悪さとかにチョットイラついた。(ちなみに、最近は乗ってませんが自分も自転車乗るので、教えてもらった人には厳しく言われてました)

 

で、戻ってくるとSALT氏がいない!?

 

もう一人の話だと、その人も知らない間にいなくなったとのこと。
ひょっとするとSALT氏が言っていたコンビニ?と思ってそちらに向かうとやっぱりいた。もう女の子と話をしている。いい感じで話をしており、LINEの交換とかをやっているっぽい。

・・しばらく話をしていると、あれ?SALT氏が女の子の荷物を持ち、女の子と手をつないで難波のほうに歩いていく。
すごいねぇ。と2人で話しながら少し離れてついていくとで、ホテルに入っていったのでした。

 

本日の成果

 SALT氏、1即ゲット
 自分、交通事故の目撃者としての義務を果たす。

 

 

自転車“道交法

自転車“道交法"BOOK (エイムック 2789)